結婚式のパーティードレスは購入する?レンタルする?

結婚式に呼ばれたときに気になるのがパーティードレスです。20代や30代になると周りの人が結婚し始めることが多いです。結婚式に呼ばれる機会が増えますが、そんなときはパーティードレスを購入する、レンタルすると大まかに分けて2つの方法があります。

購入のメリットデメリット

パーティードレスを購入した場合は自分のものにすることが可能です。一度購入すれば急に呼ばれてもすぐに着用して参加できるようになります。ただし毎回同じパーティードレスを着用することになり、抵抗を感じることがありました。デパートや百貨店でパーティードレスを購入すると4万円から5万円もの出費となってしまいます。何度も着用しないときは勿体ないと感じることがありました。着用後のクリーニング、購入後の保管のことまで考えることが必要です。

レンタルのメリットデメリット

着用する機会が少ない方は購入するよりレンタルの方がお得です。パーティーが終了した後は返却するだけ、保管のことまで考える必要はありません。パーティードレスのレンタル店には豊富なラインナップが揃っています。そのため結婚式に参加する機会が増えても、毎回違うデザインのパーティードレスを着用することが可能です。ただしレンタルでは当然ながら自分のものではありません。レンタルする、着用する、返却すると手間が掛かります。他の人が着用したレンタルのパーティードレスだと気になることがあります何度も着用する機会があるときは購入した方が安いことがあるため、購入代金とレンタル料金と比べてみて下さい。

終わりに

購入とレンタルの違いについて説明してきましたが如何でしたか。どちらが良いか迷ったときは参考にしてみて下さい。