ドレスコードとは?初心者は、フォーマル、セミフォーマル、カジュアルの違いを理解しよう。

ドレスコードとは、場に相応しい服装のことを言います。
様々な場面で求められることも多く、マナーとして知っておかなければなりません。
ですが、ドレスコードにも様々なものがあり、初心者にはわかりづらいです。
今回は、大まかにフォーマル、セミフォーマル、カジュアルに分けて解説したいと思います。

フォーマルとは

フォーマルとは、もっとも格式のある正装のことです。
女性の場合は、アフタヌーンドレスとイブニングドレス、昼と夜とで、着るべきドレスが変わるのも、大きな特徴です。
ただ、一般的に着る機会はあまりありません。
パーティーの主催者になる場合や、格式の高い場での着用が求められます。

セミフォーマル

セミフォーマルは、フォーマルに準ずる礼装のことです。
結婚式の参加する時など、様々な場面で求められます。
女性の場合は、ロングドレスやカクテルドレスがこれにあたります。
昼ならば、露出が少ないものを、夜の場合は、華やかなものがよいです。
柄がないドレスや、ナチュラルカラーのストッキングも、セミフォーマルの原則です。

カジュアル

カジュアルは、平服のことを言います。
特に服装の指定はありませんが、なんらかの場に出席する場合は、Tシャツやジーンズはやめておきましょう。
ワンピースやスカートといった、少しオシャレな格好をしていけば、間違いないと思います。

最後に

場には、それにふさわしい服装があります。
ドレスコードを覚えて、相応しいパーティードレスを選びましょう。